肩関節痛

肩関節痛は、鈍痛や肩が動かしにくいというような普通の
肩こりや五十肩とは異なり、肩の関節部分に強い痛みを伴う
ことが多いようです。

肩関節痛の原因になっているのは、おもに石灰性の物質で、
これがたまり始めると肩関節が痛くなります。症状が進行
すると、しだいに肩の関節の部分が固まってきて、動かした
ときの痛みも増します。
しかし、痛いからといって動かさないでいると、石灰性の
物質がますます溜まることになって、症状が悪化します。
このような石灰性の物質が、なぜたまるかというと、血流の
悪さに原因があると思われます。血液の循環がスムーズになり、
血行がよくなれば、やっかいな石灰性の物質が肩にたまると
いうことは なくなるわけです。

◇ 肩関節痛が起こるしくみ
◇ 肩関節痛の自己解消法